仮想通貨のicoは詐欺じゃない?

HOME » icoとは » 仮想通貨のicoは詐欺じゃない?

仮想通貨のicoは詐欺じゃない?

仮想通貨のicoとは、新しいトークンなどを発行し、それを買ってもらうことで資金調達をする新しい方法です。
投資家にとっても、将来性があるかもしれない新規の仮想通貨を、まだ値段が上がっていない段階で入手できますから、将来、値段が上がれば大儲けできる可能性があります。
このように双方にメリットはありますが、これが詐欺に利用されないかという不安はありますよね。

仮想通貨自体は、ただのデータです。
ビットコインなど、すでにそれが世界中で流通しており、ほしがる人もたくさんいるから、ただのデータ上のお金でもかなりの価値を持っています。
しかし新規発行された仮想通貨には、まだそこまでの価値はありません。
そしてそれが将来値上がりする保証もないわけです。
それなら、将来値上がりするかもしれないという体裁で、適当に作った独自の仮想通貨を売るという詐欺も起こりそうですよね。

これを買ったところで、その発行者が何らかのビジネスや活動をする気がないなら、その仮想通貨が値上がりする可能性はほとんどありません。
仮想通貨の価値は、その発行者の活動や知名度によるところが大きいからです。
これがないと最低限の価値も保てず、新たにほしいという人も現れませんから、それ以上に流通する可能性も低くなります。
流通していない仮想通貨はますます価値がなくなり、ただの電子データと変わらなくなるのです。
こうなると投資したお金は、回収できないことがほとんどです。

最初から何らかの活動をする気のない人や、その仮想通貨の価値を上げる気のない人がicoを利用すると、それは詐欺と言えるケースもあります。
このような可能性はないのかというと、実は残念ながら、現状ではこれが起こりえます。
それはなぜかというと、icoという方法自体が、最近できた新しいものだからです。
そもそも仮想通貨自体、非常に最近生まれたものですよね。
ですからicoを利用した詐欺が起きないようにする規制や、万が一この被害を受けたときの保障制度なども、まだ整っていないのが現実です。
そのため、icoを利用した詐欺も起こる可能性はあります。

ただ、ico自体が詐欺というわけではありません。
これを利用し、資金を得たい活動家と投資家の双方が利益を得た成功事例もあります。
ですからそれが詐欺じゃないと思えば、そのicoに参加してみるのも十分おすすめなのですが、それが詐欺でないかどうかは、投資家が個人で判断するのが現在の基本です。
興味のあるicoを見つけたときは、まずはそれが詐欺じゃないか、慎重に情報を集めて判断してください。