仮想通貨icoへの参加

HOME » icoとは » 仮想通貨icoへの参加

仮想通貨icoへの参加

仮想通貨を使った投資方法となるicoですが、参加は基本的に自由です。
その活動家が発行した新しい仮想通貨を購入すれば、そのicoへ自分も投資家として参加したことになります。
このように参加は簡単ですが、どのような流れでこれができるのか、ご紹介しましょう。

まずは自分が参加したいicoを調べます。
情報はインターネットで調べられますが、大手の仮想通貨の取引所などで取り扱いはありませんから、専用の情報を扱っているサイトを自分で探し、その情報を頼りに参加したい案件を探してください。

このとき、並行してやっておきたいことがあります。
それはウォレット作りです。
icoに参加するとは、その活動家が発行した新しい仮想通貨を購入することになりますが、仮想通貨を受け取るには、専用のウォレットが必要です。
これは個別に用意する専用の口座のようなものだと思ってください。
これは自分のPCやスマホなどに作れるもので、作るだけなら比較的簡単ですから、必ず用意しておきましょう。

なお、新しい仮想通貨を購入するとき、それに使う通貨はビットコインやイーサリアムといった、また別の仮想通貨になるのが基本です。
icoに参加するため、これら仮想通貨を用意しておくためにもウォレットが必要ですから、これの準備はなるべく早めにやっておくのがおすすめです。
参加したい案件を見つけた後でももちろんいいのですが、いい案件がすぐ見つからなかったときなど、並行してウォレットの準備も進めておくと、いい案件が見つかった後がスムーズですよ。

参加したい案件が見つかったら、その案件の専用サイトへアクセスし、そちらに書かれている支払先のアドレスまで、イーサリアムなど指定の仮想通貨を送金します。
この送金が成功すると、そのicoに参加できたことになり、あとでその活動家が発行している新しい仮想通貨が送られてきます。
これが基本的な参加の流れですが、専用サイトで個人情報の登録が必要な場合がありますから、そのときはサイトの指示に従って登録を行ってください。

必要な個人情報の登録とは、たとえばメールアドレスや電話番号のほか、住所氏名が必要な場合もあります。
場合によってはさらに身分証明書のアップロードまで必要な場合もあります。
これら登録が必要な場合は、この登録が済んだ後に支払先のアドレスが提示されますから、登録をしないとicoにも参加できません。
登録が必要な場合は、必ず個人情報の申告などを行ってください。
これがicoへの参加する流れとなります。